競馬予想の種類

競馬予想を行う時にレース分析と同じくらいに重要視をオススメするのがコース適性です。このコース適性を見るにあたって調べるのは、その馬の血統と産駒データ、騎乗する騎手のデータ、馬場適性を調べることが大切です。

競馬予想にて血統と産駒データを外して考えておられる方もいますが、もし競馬予想で最近外してしまうことが多いと感じておられる方は、一度このデータを見直すことをオススメします。血統についてはネットのデータベースで調べることも出来ますし、PC用のデータベースソフトも多くありますのでそれを参考に見てみるといいでしょう。コースによって勝つ馬、負ける馬が選びやすくなってきます。

1番人気の馬でも、この適性によっては本命から外して考えるなどの予想も行えます。ただその場合、新馬戦や未勝利戦などで能力の差がはっきりしている馬と一緒になって走るレースの場合、1番人気の馬が勝つ可能性が高くなるので注意することが必要です。

上記に加えて、馬場の適性です。良馬場・重馬場だけでなく、芝の状態と、タイムがどのように出てくる馬場なのかということ、そして開催している時期、レースの時間によってもコースの馬場の状態は変化してきます。

ここが重要なのが、その馬場状態のそれぞれを得意としている馬がいる、ということです。どんなオッズでも人気でも、それによってコケる馬もいるしいい走りを見せる馬も出てくるのです。

馬場状態を見分けるのは本当に難しいです。けれどそれを制すればあなたの競馬予想が当たる確率はグンと上がることでしょう。