「馬柱」が重要

競馬予想では出馬表ももちろん大事ですが、それよりも更に細かい情報が記載されているのが「馬柱」です。
よく競馬新聞で、馬の名前が配された表に細かい数字や厩舎名前が掲載されているものを見る方も多いと思うのですが、それが馬柱です。
これが出馬表よりも競馬予想で何故重要になって来るのかというと、その馬の親の馬名や脚質、前走での記録、現在獲得している賞金の様子や競争実績など、本当に細かいデータがそこに凝縮されているからなのです。
一見すると見るのが難しいようにも思えますが、繰り返し競馬予想を行なっているうちに、自然と自分の頭に入り、理解をすることが出来るでしょう。
大事なのは、何度も見て参考にし、馬柱に慣れていくことが競馬予想では大事です。

どのファクターも予想では本当に重要なものになって来るのですが、ここでは「脚質」を取り上げてみましょう。
脚質はその馬の得意とする走り方の事です。
レース展開に非常に関わって来るので、馬柱での脚質は必ず目を通すようにしておきましょう。

脚質は大別して4つあります。スタートから先頭に立ちゴールに向かう「逃げ」、途中までは馬の群れの前方に位置取り、最後のコーナーから抜ける「先行」、ゴール直前でスピードを上げていく「差し」、前半はスピードを抑えて最後の直線コースでスパートをかけていく「追い込み」です。
これを見ておくことで、その馬がレースでどのように走るかということがかなり把握出来るはずです。
馬柱は時間をかけて見ることであなたの競馬予想も幅が広がっていきます。