期待値の高い馬が人気薄の理由

競馬予想をしている中で穴馬、つまり期待値の高い馬が馬券に絡んでくるということは毎週のレースで往々にして起こってくることです。

この、競馬予想の上で「穴馬が馬券に絡む」理由には、どういう要因からなのでしょうか?例えば展開がその馬に向いていたものであったとか、その日のコンディションがとても良かったから、騎乗していたジョッキーが上手くその馬に乗ることが出来ていたから、という理由は出てくるでしょう。
しかしこの要因たちは好走要因なのであって、大きな答えにはなっていません。

最も回答に近い理由は「期待値の高い馬に走る実力が備わっていたから」ということになります。本来ならば人気馬、有力馬と同じくらいの走る能力がある馬です。それが何故人気を落としていたのか?それはやはり前走や前々走についての成績が悪かったことと、競馬予想から、人気馬にあまりに票が集まりすぎているから、というのが大枠の原因になってきます。

この原因は、人気を落としてしまったということについて納得の理由なのですが、この原因にさらに疑問を投げかけてみることにしましょう。

何故成績が悪かったのか?自分に不利なレースだった、調子が悪い日のレースだった、適性が低い条件のレースだったなど、おそらくこういう理由が出てくるのですが、不利でなければ走りますし、調子がいい日のレースだと好走します。

また、適性の高い条件のレースならば、その馬の本来の力も発揮出来ます。好走出来る理由が揃えば人気が薄い穴馬も好走をするのです。馬の能力の判断を怠ることなく、自分なりの穴馬予想を行なって高配当の馬券に繋げていきましょう。