競馬予想における各馬の「個性」

競馬予想において、予想を行う皆さんが見るのは生き物である「馬」です。生き物が走るレースだからこそ、これが1番だ!という競馬予想方法な無いに等しいですし、もし完璧な予想というものがあったとして、例えば予想外のアクシデント…転倒や落馬、進路妨害などでその着順も簡単に変わっていきます。

それが競馬であり、予想を行う上での難しさ、というものになってくるのです。

それを踏まえた上で述べると、生き物である馬ですから、それぞれには「個性」があります。この個性とは気性や身体の構造も含まれます。
しかし、性格が大人しかったり荒かったりすることだけでレースの予想は出来るでしょうか。性格が荒いから脚質がいいとか、性格が穏やかだから競り負けてしまう、ということは僅かな要因であったとしても、それが必ず影響しているということにはなりません。

むしろ、その個性の中でも「どの馬場に適性があるのか」とか「どんな季節が得意なのか」と言うことの方が重要です。

冬が好きで寒い時期のレースは好走する、という馬もいますし、重馬場でこそ本領を発揮する、という馬もいます。こういう分野の「個性」というものは、少なからず前走までの実績に現れていますので、その馬の個性を知りたいと思ったら、ネットや競馬新聞のデータを細かく見てみることです。

それでその馬の個性をある程度掴んでいくことが出来るでしょう。

どの競馬場が有利な馬なのか、天候で勝敗が変わる馬なのか、そんなところを知るだけでもかなり競馬予想が面白いものになってきます。どんどん馬の個性を調べて、予想上手になっていきましょう。