競馬予想方法を考える前の「基礎」

競馬予想を行うにあたって、やはり基礎はきちんと押さえておかなければなりません。
馬のデータや騎手の情報などが頭に入っていても、馬券の買い方がわからなかったり、競馬新聞の見方がわからなければ意味がありません。
競馬予想の方法を知るためにはまず基礎からということで、競馬新聞の出馬表の見方について簡単に説明します。

馬券を購入するためにはどのレースでどの馬の馬券を購入するか、ということを考えることになります。これが競馬予想たるものになるのですが、その時に確認するのが出馬表です。
この出馬表は、場合によっては前日や前々日などにも見ることは出来ますが、ほとんどはレース当日に新聞・WEB上で内容を見ることが出来ます。
新聞によって表示されている内容は違ってきますが、だいたいは「枠順・馬番・予想・馬名・性別・斤量・騎手・厩舎」が最低限記載されています。
枠順は1頭~2頭を枠で決めた番号のことで、馬番は馬に付けられた番号です。
予想は各新聞記者が考えたその馬の予想、馬名・性別は馬の名前と性別です。斤量は馬が背負う全ての負担重量のことです。
騎手はそのレースで騎乗する騎手の名前、厩舎はその馬が所属している建物のことです。

これらの情報は競馬予想の際に外せない情報となります。
また、この馬の順番もレース展開を左右します。着順に影響している、ということです。競
馬新聞を最大限に活用して、自分の競馬予想に大いに役立てましょう。