競馬予想で見るジョッキー

競馬予想を行うにあたって、騎手について知ることも重要なファクターのうちの一つです。
では、騎手が騎乗する馬はどうやって決めていくのでしょうか。これは、基本は馬主の方針に基づいて調教師が決定を行います。
一般のレースは、その馬が所属している厩舎の騎手が騎乗する場合が多いのですが、G1などの大きなレースになると、フリーで、実力や名声の高い騎手に依頼する場合が多いです。
このような大きなレースで、複数の騎乗依頼が来る場合は騎手に決定権があります。成績の良い騎手はそれだけ強い馬の騎乗依頼が多い、ということになるのです。

良い成績を残している騎手というのは、どんな騎手でしょうか。よく競馬予想を行う中で、「彼はリーディングジョッキーだから」という話しが出たりしますが、このリーディングジョッキーというのは、勝利度数が高い選手のことを指します。
通常騎手は厩舎に属しているのですが、活躍するとフリーになる騎手が多いようです。
フリーになると、厩舎の関係が無く騎乗依頼が来るようになるので、厩舎の縛りなく強い馬に乗れる機会が多くなるメリットがある一方、厩舎に属していた時のように固定給がなくなってしまうというデメリットもあります。
当然、勝利実績が積めなくなると騎乗依頼も減少してしまうので、また厩舎を探さなくてはならないという事態に陥ることもあるのです。

こういった騎手が馬について乗り替わりをした場合、また、自分の騎乗予定の馬が同じレースに複数出走する場合、どの馬を選ぶのか、こういうことについては注目することが大事です。
それによって競馬予想にも変化が起こるのです。