馬券が的中した場合

競馬予想を行なって、いざレース観戦をすると、自分の予想した馬券が見事に当たったという経験、ありますか?
高配当馬券を手に入れることは至難の業ですが、単勝でも低い配当でも競馬予想を行なって当たった馬券というものはとても嬉しいものです。

もしあなたが競馬場でレースを見ていて、馬券が当たった時には、競馬場の電光掲示板を注視してください。
すぐには「確(レースの着順が確定しましたという印のランプ)」は点灯しません。
レースの内容によっては「審(審議。レース中に進路妨害や落馬などがあった場合に点灯する)」のランプが点灯します。審議中や確定のランプが点灯するまでは、持っている馬券の当たりも確定はしません。
審議などで、馬の悪質な進路妨害が認められた場合は降着や失格の対象になるので、そうなると着順にも変化があります。
順位の大番狂わせ、ということもあり得るのです。だから「もう少しで当たりだったのに!」という馬券をすぐには処分しないで下さい。
審議の結果、その馬券が高配当の当たり馬券に化ける、ということも往々にしてあるのです。

審議も終わり、確定のランプが点灯したら、馬券の当たりは確定です。あなたの競馬予想が的中した瞬間です。その場合は払戻金の確認をしましょう。
レース終了後、馬券の確定が出たら競馬場内のテレビモニターにその払戻金の内容がすぐに表示されるはずです。WINS、競馬場で馬券を購入した場合は自動払い戻し機で払戻金を受けることが出来ます。
払戻金が受けられる期間は60日になります。その期間内に払戻金を受けるようにしましょう。