馬場の状態・判断方法

競馬場に行って予想をしておられる方でも、またそうでない方でも、チェックして欲しいのが馬場の状態です。天候によって良馬場であったり、重馬場であったりという変化が起こってきますので、それに応じて馬の状態や適性も変化します。

それに伴って人気馬についてのオッズも変化するでしょうし、馬券の配当も変わってくるわけですから、大穴狙いの人も、手堅く馬券を買いたいと思っている方も、当日の馬場の状態で競馬予想の内容を変えている人は多いのです。

それだけ馬場の状態というものは競馬予想の中で大きな変化をもたらすものなのですが、こういった馬場の状況でも、もっと細かく見ればさらに正確な競馬予想を行うことが出来るでしょう。

例えば、その日に行われたレースで各馬が通ってきたコースを確認してみましょう。少し時間はかかりますが、これを調べることで当日の馬場の状態はどのようになっているのか、ということを判断することが出来るはずです。大きく分けると、馬場の状態は内外差無し・内有利、逃げ先行有利・外有利、差し有利というように分類出来ます。

もし人気のあまりなかった逃げ切り型の馬がゴールまで差されずに逃げ切り、さらにコース内を通って来た馬に限って上位入賞が多い、というような場合は「内有利、逃げ先行有利」の馬場状態になっているということです。レース全体のペースがスローでも、大外からの差し馬が多く入賞している場合などは「外有利、差し有利」の馬場になっているということが判断出来ます。

こういった馬場状態はメモをしておくと後の予想に役立ちます。自分なりにデータを重ねて、競馬予想においてのレベルを上げていきましょう。