競馬予想では馬の特性とレース展開を生かそう

馬の能力をどこで見ていけばいいの?という悩みを持つ競馬ファンの方も多くおられるのではないでしょうか。競馬予想において、馬の実績を見ることが競馬予想の要になって来る、というのは基本であり、またどんな上級者でもそこは覆ることのないものです。

データこそが全て!と競馬予想ではなかなか言い切ることは出来ないのですが、それでも競馬予想を行うに当たって、参考になるべきものは詳しいデータということになるのです。

馬の能力を大まかに把握するための1番の近道は、各馬の近走レース内容を分析する、ということです。馬によっては、得意とするペースや得意とする馬場・馬場状態、というものがあります。更に言えば、馬群で競り合うことが苦手な馬や、繊細な性格から、ダートなどで砂をかぶってしまうと本来の能力を発揮出来ず、入賞も確実と言われていたにも関わらず下位に甘んじてしまう、という馬だって存在するわけなのです。

こういった各馬の特性・適性を踏まえた上で、レース展開を考えていきましょう。基本的には、スローペースなレースの場合は先行した馬が有利となり、ハイペースなレースにおいては差し馬が有利になってきます。全てのレースにこれが当てはまるということはないのですが、これがまずは基本です。

馬の特性や適性からレースの展開を考える。スローペースが予想出来るならば先行馬の脚質を持った馬を自分の予想の中で選出してみればいいですし、ハイペースなら差し馬特性のある人気馬を軸に馬券を購入するのもいいでしょう。

総合的に判断をして、自分がベストだと思う予想を立てていきましょう。