初心者は「浅く広く」で予想する

競馬予想の最大の魅力は、配当金の高さや自分が思い入れのある競走馬が1着を取るなど、それも人によって様々あるかとは思うのですが、大枠での魅力は「レースの着順予想」なのではないでしょうか。
自分の予想がそのままそのレースの着順になった時の爽快感は、味わったことのある方にしかわからないとは思うのですが、結果に予想を近づける努力はやはりしてみて楽しいものなのです。

競馬予想は、競馬ファンが10人いたら10通りある、というように、予想の方法については千差万別です。
それは何故かと言うと、競馬にまつわる情報は本当に多くあるからです。
馬のデータのみならず、騎手や厩舎、レースをする場所、天候など、各要素が複雑にからみ合ってくるからこそ、そのように予想方法も多岐にわたるわけなのです。
だから、「この予想方法こそ1番当たる!」というものはなく、「自分のオススメする競馬予想方法」が多く存在したりするのです。

競馬予想にあたっては、上記に書いたように膨大な情報を必要としてくることになります。
しかし、特に初心者の方などは「どれを参考にしたらいいのかわからない」と悩む方もおられるでしょう。確かに競馬をよく知る方々は深い、細かい情報も気にして予想を立てる方が多いです。
でも、初心者はそこを参考にするよりは、浅く広く情報を集めて、それらをどう自分で扱うか、ということを大切にしてみて下さい。
出馬表や馬柱の情報も、基本的ですが立派で重要な情報です。
自分が気になる情報から予想を立てるのもいいでしょう。「自分なりに情報をうまく使って予想を練る。」これをまずは試してみることをオススメします。