馬場と芝で見る方法

競馬予想を行う時に、賭ける対象の馬のデータをつぶさに調べ、着順予想を行なって馬券を購入する、という方法も多くあるのですが、当日の出走馬と馬場の状態も、馬のデータや当日のコンディションと共にとても重要になってきます。
いくら素晴らしい実績を重ねている馬でも、重馬場が向いていなかったり、逃げ馬が多くてそのペースに持っていかれ、本来の脚をレースで見せることが出来ない、という馬も数多くいます。

それは馬本来の気性にも関わってくることなのですが、ともかく、このような複合的要素が入り交じっているからこそ競馬予想は難しいものになっているのです。

上に少し書いた馬場の状態ですが、これは単に気候の影響で良馬場なのか重馬場なのか、ということを見るのも大切ですが、このレースにおいてタイムが早くなりそうなのか、それとも時間がかかりそうなレースなのか、ということも見定めておきましょう。

まず開催日当日からわかるのは、その芝の種類。野芝なのか洋芝なのか、ということです。
そして、それらの芝の状態はレースが進んでいくにつれて変化してきます。
走りやすさが変わってくる、ということです。今回の芝の状態で、どのコースを取って走ってきた馬が上位に来ているのか。
それをレースを進めながら見て、そのコース取りを予想して馬券を購入する、ということをしてみるとまた馬券の当たる確率が変わってきます。

上のコース取りについては、血統によっても偏りがあるので、やはり競馬予想の際には馬自身のデータもきちんと見ることになります。その上で、馬場の様子を掛けあわせて予想をしてみましょう。