騎手の分析方法

競馬予想に詳しい方の中では常識と言っていいくらいの認識になっているのが、騎手と馬の関係についてです。
競走馬を操ることが騎手の役目ですが、それはあくまで技術であって、馬の力に勝てるかと言えばそうではありません。割合で言うと、騎手:馬=3:7と言われています。
この割合は、どんなに騎手が勝利を多く重ねているリーディングジョッキーであっても覆ることはありません。
つまり、どれだけ騎手がそのレースで努力をしても、頑張っても、馬が弱ければそのレースでは勝つことが出来ないのです。
だから、競馬予想においてもあくまで馬の実績や実力を調べることが前提で、騎手はその次、ということになります。騎手ばかりを見ていて、馬の実力をきちんと分析していないと、競馬予想は成り立っていきません。

ただ、騎手によっては、得意な条件というものを持っています。
長距離の騎乗が得意とか、重賞という大舞台に強いとか、関西馬に乗った時は要注意など、そういう条件がレースによって合致すれば、乗った馬はいつも以上にその実力を発揮することが出来ますし、その馬が1番人気でなくても大穴を取って高配当馬券を打ち出すことも出てくるわけです。

馬の実力を騎手が超えることはありません。その代わり、その馬の実力を何倍にも引き伸ばす力を持つのも騎手という存在なのです。
なので、騎手の持ち味や特性というものを競馬予想の時に少しでも頭に入れておけば、レースを予想する上で重要な資料になってくることは間違いないのです。