予想方法で最高のもの、確実なものはあるか

現在、書店などに足を運んでみると、「競馬必勝方法本」や「これで勝てる!競馬本」といった類の本、雑誌を目にします。
また、パソコンのソフトでは「競馬予想ソフト」というものや、競馬予想が出来るページ、というものも多く存在しています。
これだけのものが溢れている今、果たしてこれらは本当に「必勝法」と言えるのでしょうか?

10数年ほど前までは、競馬の予想は競馬新聞で行うことがポピュラーな方法でした。
現在はパソコンが普及しており、そのサイトの先々で独自の理論に基づく指数評価からの予想、分析結果公表、データからの予想ブログというものが多くあります。
また、厩舎・調教・馬主の情報なども今や新聞で見るより遥かに詳細なデータをネットで知ることも可能です。ということは、競馬予想の方法というものは進化していると言っていいのでしょうか。
この結論は「NO」です。何故なら、もし上記に書いたものが本当に的中し続けているならば、オッズも各馬の人気ももっともっと大きく偏りが出るはずだからです。

競馬は、馬という生き物を相手に行うレースなのです。だからこそ、不確定要素が非常に多く、正確に結果を当てる、ということは不可能に近いのです。
ですから、競馬予想に関しても、「これが最上の方法だ」というものはありません。むしろ、自分の理にかなったスタイル、気に入った方法で競馬予想をし続ける。これが大事になって来るのではないでしょうか。
自分の得意・不得意な分野を把握して競馬を予想することが最も的中率を上げる効果的な方法になることと予想されます。